園遊会に招待されていた山本太郎参院議員が天皇陛下に手紙を手渡す

31日に開かれた秋の園遊会で、天皇、皇后両陛下は、売巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄さんや歌手の由紀さおりさんら招待客と1時間以上をかけて和やかに歓談されました。

そんな園遊会で、同じく招待されてた山本太郎参院議員が突然、天皇陛下に手紙を手渡すという極めて異例な一幕があったのです。

園遊会のような場所で、山本議員が政治的な行為をしたことについて、菅官房長官は記者会見で「その場にふさわしいかどうかは自身で判断することだ」と語り、「常識的な線引きはある」と山本議員の行為に不快感を示したのです。

また与野党の議員からも、山本議員の行為に批判の声があがっているようです。

一部では山本議員の行為を賞賛する声もあるようですが、やはりあの場に政治活動を持ち込むべきではないでしょう。

 

ブラックアルバイトで働く大学生が増えている

最近、アルバイトをする大学生の中に「契約や希望を無視してシフトを組まれる」「試験前も休ませてくれない」ていった過酷な労働条件のアルバイト先で働く人が増えているそうです。

こうしたアルバイト先のことを違法な長時間労働などをさせる「ブラック企業」になぞらえ、「ブラックバイト」と呼んでいるみたいです。

これまで大学生のアルバイトといえば、遊ぶためやや欲しいものを買うための小遣い稼ぎというイメージがありましたが、今の大学生がアルバイトをする理由は昔とは違っていて、学費や生活費を稼ぐためにアルバイトをする学生も少なくないというのです。

しかも、フリーターの増加でアルバイトの競争が激化していて、やめると次のバイトを見つけにくいことから、ブラックバイトであるのを知りながら、アルバイトをやめることができないようです。

 

 

線路に女性が落ちたことに気づかず駅員が発車の合図を出してしまう

東京メトロは10日、日比谷線六本木駅で9日夜に、女性客がホームから線路に転落するという事故が起きたにも関わらず、近くにいた駅員がそれに気付かず、電車を発車させてしまったことを発表しました。

発表によると、このトラブルが起きたのは9日午後9時25分ごろのことで、20代くらいの女性が電車に乗ろうとした際、ホームと電車との25センチの隙間に転落してしまったそうです。

女性は知人と一緒だったため、その知人がすぐに近くにいた男性駅員に「落ちた」と声をかけ、助けを求めたのですが、駅員は荷物か何かが落ちたのだと思い、そのまま電車の発車の合図を出してしまったそうです。

女性はホーム下の退避場所に避難したため無事だったそうですが、一つ間違えば大事故になりかねなかっただけに、東京メトロはこの駅員の処分を検討しているそうです。

 

 

生後2か月の男児の死は虐待か?

大阪市住吉区で3月末、生後2か月の男児が意識不明の状態で病院に搬送され、搬送先の病院で死亡しました。

男児を司法解剖したところ、脳や内臓に出血があり、虐待の可能性が出てきたため、大阪府警捜査1課が家族からくわしく事情を聞いているということです。

捜査1課によると、男児は両親と3人暮らしで、3月25日午前10時30分ごろ、自宅で男児がぐったりしていることに父親が気付き119番通報したということです。

男父親の話しでは、通報した時、男児は息をしていなかったということで、救急隊の到着時にはすでに重体だったそうです。

男児に目立った外傷はなく、両親は男児への暴行などを否定しているようです。

虐待だったとしたら、外傷が少しはあるはずですし、ゆさぶり死かもしれませんね。

 

ボーイング787型機の出火にバッテリーの設計に問題があった可能性が浮上

トラブルが相次いでいるボーイング787型機。

その原因がバッテリーの過充電にあったと考えられていましたが、アメリカの国家運輸安全委員会(NTSB)は、バッテリーの設計に問題があった可能性もあるという見解を発表しました。

この問題ではボーイング787型機の出火事故が、同じバッテリーから出火していたことから、バッテリーの調査が続けられていました。アメリカの航空当局がすべての機体の運航停止を求めました。

NTSBによると、火元となったのはバッテリーの中にある8つのリチウムイオン電池の1つで、内部でショートしたため異常に加熱し、その熱がほかの電池にも伝わったことで出火につながったと説明。

そのうえで、1つの電池の異常がほかの電池にも影響しないよう、8つの電池を離して配置していないなど、バッテリーの設計そのものにミスがある可能性が浮上したため、さらに調査を進めていることを明らかにしたのです。

世界でも多くの航空会社に配備が予定されているボーイング787型機。

一刻も早く原因を解明してほしいですね。

 

トランスフォーマーなG.I.ジョーがディズニーのキャラクターになるかもしれない

トランスフォーマーなG.I.ジョーがディズニーのキャラクターになるかもしれません。

ルーカスフィルムを40億5千万ドルで買収したディズニーが、今度は世界最大規模の玩具メーカーであるハズブロの買収協議を進めていることが明らかになったのです。

ところで、ディズニーでははしゃぎ過ぎて熱中症になったり、乗り物酔いになってしまう方が多く見えますが、常に看護師 勤務されている方が裏にはいるのでしょうか。夢の国ですから、表立ってそうしたサービスを提供しているとは考えにくいですが。

ハズブロといえば、ディズニーと同じようにM&Aを繰り返し、今やトランスフォーマー、G.I.ジョー、ダンジョン&ドラゴン、マジック・ザ・ギャザリング、マイリトルポニーなどの人気キャラクターのグッズやゲームを製造・販売している玩具メーカー。

もし、ディズニーがハズブロの買収に成功すれば、ディズニーは世界最大の玩具メーカーになってしまうでしょう。

ルーカスフィルムを買収したばかりなのに、今度はハズブロの買収を開始するなんて、ディズニーは何を目指しているんでしょうか?。

 

尖閣問題で中国人の友人同士が喧嘩し相手を殺害してしまう

日中関係の悪化のきっかけになった沖縄県の尖閣諸島問題。

その尖閣諸島問題によって、中国海南省万寧市で中国人同士が喧嘩し、相手を殺害してしまう事件が起きていたことが明らかになりました。

事件が起きたのは9月27日夜のこと。

2人は仲間数人と市内のバーで飲んでいたところ、話しは尖閣諸島の日中対立で両国が戦争になった場合に、どちらが勝つかという話しになり、中国が勝つと主張する男と日本が勝つと主張する男が口論になってしまったというのです。

そして激情した中国が勝つと主張する男がビール瓶で、日本が勝つと主張する男の腹を刺し、殺害してしまったのです。

人の命を人の手によって亡くしてしまうのは、あまりにも残酷なことです。それが一時の感情だったとしてもどんな理由があったにせよ、してはいけない事はあるのです。

その男性は病院に運ばれた時、どのような状態だったのでしょう。看護師 外来 人気は生死をさ迷う命を救うための実践的な舞台ですから、そのプレッシャーに打ち勝ことのできる人が

活躍出来る場所ですね。

友人を殺害してしまった男は、逃走し、半月間ほど山中で野草を食べるなどして潜伏していましたが、結局、警察に出頭したそうです。

中国人である友人が日本が勝つと言っているのが、許せなかったにしても、殺してしまうのはやり過ぎですよね。